外壁塗装、屋根工事、雨漏り、補修工事なら福岡の匠ホームサービスにおまかせ!

匠ホームサービスへお電話 匠ホームサービスへお問い合わせ
匠ホームサービス施工ブログ

南区若久で車庫拡張工事を完了しました。

~車庫拡張工事の施工事例~

こんにちは、左官担当の森山です。
南区若久Y様邸の車庫拡張工事を完了しました。

最初に化粧ブロック塀を解体撤去し、植木を処分、鋤取り、
残土を処分し、次に車庫境界にCB120のブロック積み、
草の生えない防草砂を厚さ50m/mで施工、
最後にLIXIL製ハイグリットフェンスを取り付け、
カーポートスピーネを組み立てました。

施工前

車庫拡張工事の施工事例写真①

車庫拡張工事の施工事例写真②

施工後

車庫拡張工事の施工事例写真③

車庫拡張工事の施工事例写真④

福岡市南区若久の塗装工事・リフォーム工事の事なら、
お気軽に匠ホームサービスにお問い合わせください!

>>> お家の小さなリフォームもおまかせください!

>>> 足場代無料キャンペーンも実施中!


<<屋根リフォームをした方が絶対得する理由3>>
~ 恐ろしい地震や台風が来ても安心です。 ~

①軽い屋根は地震に強い
  日本の住宅の屋根は瓦が多いのが特徴です。阪神淡路大震災では
 多くの家が倒壊しましたが、以前は瓦を土の上に乗せることが多く、
 屋根がとても重かったのが原因の一つでした。最近の屋根は土を使わず、
 瓦全体も軽くなったため、屋根の重さは昔の半分になりました。
 屋根を軽くリフォームすることで地震が来ても家が倒壊しにくくなるのです。

②台風がきても瓦が飛ばされない
  日本は台風被害の多い国です。昔の土に瓦を乗せる方法では
 台風が来ると瓦が飛んだりずれたりして雨漏りの原因にもなりました。
 最近は瓦をビスでがっちりと留める工法が一般的になったため、
 強い台風が来ても瓦が飛ばされるといった問題は起こりにくくなりました。

③横殴りの雨でも雨漏りしない
  古い瓦屋根では隙間から雨が吹き込んで雨漏りの原因になることがあります。
 最近の瓦には返しと呼ばれる部位があるので雨が横殴りにふっても、
 この返しの部分に水が当たって内部に雨が入りにくい構造になっています。
 またスレート瓦も重なり合う面積を広くしたことで、雨水が浸入しにくく
 なるように改良されました。